【乗船レポート】御蔵島キハダジギング好調!コロコロ変わるパターンへの対応が重要

【ルアーマグロ】

本業の仕事にめどが付けられたので、沖合研修に行ってきました

今年も良い日は数が釣れる傾向で、この日も数は沢山出ました

釣果は比較的安定していますが、ヒットパターンなどが日替わりでコロコロと変わっています

釣行予定の方は参考にしてみてください

※ギャフ入れが忙しく、画像が少ないので申し訳ありません



船宿は

網代港の森竜丸さん

御蔵島ルアー…28,000円

0時30分集合
6時30分スタートフィッシング

朝にマズメ

朝からすごい勢いで釣れていきます

水深はそれほど深くない80m前後のポイント

ジギングでスタートし、指示ダナは40~60mとかなり浅い反応です

朝からキメジの活性が高く、パターンをいち早く合わせた人からヒットしていきました

開始1時間ほどでの時点でクーラー1個が埋まり、、

その30分後には2個目のクーラーも満タンになる勢いでした(驚)

この日の傾向

キハダ5キャッチのⅠさん

・スピニングの誘いにヒットが集中
・ジグはショート・セミロング系
・カラーはシルバー系

※あくまでもこの当日ですので、その点ご了承ください

当日最大魚28kgはTOUGH200g

筆者も合間にスロータックルで糸を垂らしましたが…
フォールヒットが4発ありましたがキャッチは0

ジグに傷跡がざっくり入るほどのバイトですが、フックアップ成らずでした、、

パターンがコロコロ変化

こんなに釣れましたが全員キャッチならず、、

前回のXデーではロングジグが優勢でしたが、今回はショート・セミロング系のジグが優勢でした

また前日のジギング釣果はベイトタックルが優勢だったと、女将さんから伺いました

何が言いたいのかというと、、

『準備は万全に』

―と言うことです、準備不足で爆釣劇を横目に釣りをするのは精神衛生上よろしくないと思うので…
できる限りの準備はしていった方が良い釣果が期待できると思います^^

まとめ

・コロコロ変わるパターンに合わせる
・ジグ形状はショート、セミロング、ロング満遍なく
・カラーはシルバー系が安定、濁り時のゴールド系も忘れずに

御蔵島のキハダ釣りは数を釣るならジギングが優勢です

キャスティングで出る場面もあったので、投げ込みたい人はタックルの準備も忘れずにしていきましょう^^



コメント

タイトルとURLをコピーしました