【伊豆南沖】可能性はまだまだ!?キハダゲームに行ってきました

【ルアーマグロ】

相模湾内にカツオとキメジの群れが入ってきて、連日釣れてはいますが…

肝心のキハダはまだまだ沖にいる様子

狙える可能性があるならば…やはりキハダサイズを狙うべく伊豆南沖へ繰り出してきました

今回はチームメンバーとの釣行です^^



船宿は

今回も網代港の森竜丸さんにお世話になりました
先の大雨被害はなかったようで、本当によかったです
※熱海市に繋がる道は通行止め解除の目処が立っていません

釣り人としては、地域の船宿やコンビニ・飲食店を利用して貢献したいところです

ポイントは

島を眺めながらの朝陽

先月と同じポイントをメインに探りました

前回はカツオ漁の船がいましたが、今回は一隻も居らず…島の漁師さんも少なかったです

スタートは

黒い服のメンバー

キハダ・カツオ狙いでウロウロしながら反応をやってみます

私の釣り座はトモからのスタートでしたので、ジギングで探ると…すぐにヒット!

-ですが、途中で魚が引かなくなり…
上がってくるとカツオがサメに食われていました(身体の3/5ほど喰われ、出血多量で暴れたので即リリース)

浅場で

浅場でエソが遊んでくれましたw

深場に反応がないので、一気に島寄りを狙うことに-。水深40m前後で魚探には大量の餌の反応と、底付近にフィッシュイーターの影が映っていました

すると水面のピシャピシャした反応で、キメジ・カツオがキャスティングで釣れました

しかし反応の割にあとが続かず、再度深場へ移動しました



ジギングで

キメジとカツオは早いアクションに好反応

回遊ルートの深場で船を流していると、ジギング初心者の友人にキメジがヒット

すぐにジギングに持ち替え一投目
早いリーリングアクションにヒットしました
私も友人と同サイズのキメジ(4.6kg)をキャッチ

キメジを連続キャッチ出来るーということは”群れで動いている可能性”あり…

大型の個体もまだ居ると予想

船長も『良い反応が中層に出ている』とアナウンスしていました

大型に狙いを絞り、数回ジャーク→ロングフォールで探ると…フォール中にラインが止まりました

良型キャッチ

ジグは《パームス》ジガロ180gフルシルバー

ジグを押さえ込んだ後の首振りが大きく、サイズアップの予感…

首振りでハリを外せなないことに気づき、急に魚が走り出しました

この日は潮が早く、30~40mほど出されました
船の縦揺れも大きく、行ったり来たりで、なかなかしぶとかったですが何とか浮かせてキャッチできました

ジギングで連続キャッチ

サイズは16.9kg
タナは30~60m
ヒットは50m付近でした


■ヒットルアー■
アングラーズリパブリック パームス ジガロJR-200 200g H-616(スケールフルシルバー) JR-200/H-616

※当日は上潮がかっ飛んでおり、二枚潮もキツく180g前後のウエイトが使い易かったです
流れがキツイ割にはスカスカの潮でSpikyロングでは潮を切り過ぎてアウト、セミロングでは抵抗が強すぎてアウト
ジガロの200gでは重すぎ、180gにするとぴったり潮に馴染みました

ジグ選択終了後は連続でキャッチ出来たので、この日のベストなジグをみつけられたとおもいます^^



厳しい時間

ぽつぽつとカツオを釣ったり

その後はジギングもぱったりで、ナブラも見つからず苦戦

ーところが、下げ七分くらいの時間から急にキハダのナブラが出始めました

当日のタイドグラフ

しかも餌を飛ばしながら、キハダが空中を舞うスーパーナブラです

そこかしこでキハダのナブラがありますが、餌の移動が早く船で追いかけると沈んでしまいます

船長はめぼしい場所で我慢して、その時を待つ作戦に

その時は突然に

島回りの景色がきれいです

一応、チョロチョロと船の周りでも反応が出ているので、誘い出しをしながら待ちます

ーすると、射程距離で突然海面が爆発し、スーパーナブラが発生
20~30kg級のキハダが何十匹も飛び交っています

私と友人2名のルアーがナブラに入りました

私と1人はキハダがミスバイトしましたが、もう1人の友人はバッチリ吸い込みました

主導権を渡さず、強めのドラグで一気に寄せ危なげなくキャッチできました

自己記録更新サイズ

サイズは21.7kgでした
ヒットルアーは《CB-ONE》バズー180

泡系ルアー強し

バイトは何度も出せましたが…

この日はとくに《CB-ONE》のバズー180が強く、圧倒的に魚の反応が良かったです

後半からバズー180に替えた友人は…カツオ2、スマ1でしたが、キハダのバイトは4~5発
しかもミスバイトの後に、次のキハダがルアーの下で準備している有り様でした(笑)

私のPixy160でもキハダは3発ほど出せましたが、ことごとくルアー後方の泡にバイトしてしまいフックアップになりませんでした(涙)

この日はダイビングペンシルよりも、泡を出せるルアーに好反応を示していました

メンバー全員釣果

全員で記念撮影

良型は2本だけでしたが、それぞれ獲物をキャッチ出来たので良い日でした^^

メンバーの初心者2名も釣れたので、どんどんステップアップしてもらいたいです

まだまだ狙える?

主要となる餌が変わり、キハダもカツオも狙いにくくはなっていますが…ジギングとキャスティング両刀で挑めばまだまだチャンスがありそうです^^

また餌が変われば、釣り易くなる可能性も十分にあります

群れの動きに注目しながら釣りに行きましょう^^

当日のメインタックル

■ジギングタックル■
ロッド:《天龍》ジグザムドラッグフォースJDF621S-3
リール:《シマノ》15ツインパワーSW8000HG
ライン:《よつあみ》スーパージグマンX8 3.0-300m
リーダー:《サンライン》トルネード船ハリス14号
フック:《ヴァンフック》JH-40ジゲングリッピー6/0
↓↓↓自作アシストフックが出来ない方は市販品がオススメ
ジゲングリッピー4ブレイズアシスト シルバー #6/0 ヴァンフック

■キャスティングタックル■
ロッド:《シマノ》オシアプラッガーフルスロットルS82MH
リール:《シマノ》15ツインパワーSW14000XG
ライン:《シマノ》オシア8 LD-A71S 5.0-300
リーダー:《よつあみ》キャストマンアブソーバー100lb
フック:《BKK》Raptor-Z #2/0



 

マグロゲームを極めるなら見ておきたい一冊です
全国のマグロゲームの特集、タックル、ルアー、アプローチ方法など
SALT WORLDのムック本で濃い内容となっています^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました