【伊豆南西沖】”キハダジギング”2022年初釣りをスロージギング&2WaySpikyで攻略(追記あり)

【ルアーマグロ】

昨年末からの冬型気圧配置によって全国的に時化が多く、筆者も初釣りのタイミングに恵まれませんでした、、

運よく今回は潮況・天候に恵まれ、釣りに行くことが出来ました

ターゲットは伊豆南西沖でのキハダ・カツオです
状況としては釣行数日前より水温が上昇し、魚の活性が当たったことで10kg前後のキメジが多数釣れていました

キハダジギング初挑戦の初心者S氏も参戦し、意気揚々と繰り出しました

↓↓昨年の伊豆南西沖の釣行記事はこちら

アウトドア&フィッシング ナチュラム



利用した船宿

網代港の森竜丸さんにお世話になりました

伊豆南西沖…20,000円
伊豆南沖…18,000円

集合…AM3:30
帰港…PM16:00前後

今回もスロージギング

キハダにはフォールが有効

キハダの気配が濃厚なため、フォールが有効なスロージギングで狙います

フックは前回の飲まれ切れの反省を活かし、大型シングルフックをフロントとリアで使い分けました

2WaySpiky255gはフロントフック時とリアフック時で操作感が変わります

とくにスライドフォール姿勢の変化が顕著なので、どちらにも対応できるようにしておくと良いです

この日も船中で大型個体による、飲まれ切れが多発していました
他船でもラインブレイクが多数発生しているので、フックセッティングは状況に合わせて臨機応変に対応しましょう

朝から魚が高活性

連日、大荒れの天気ですが凪に恵まれました

どんな状況か不安がある中の一流し目…

なんと一投目のフォールからバイトが多発し、指示ダナに届きません(笑)

バイトの正体はカツオ

フォールでも上げでも猛烈にジグを襲ってきます

2WaySpiky255gHB-04Pでバイトラッシュ

キハダ狙いの予定でしたが、お土産を仕入れるべく早いワンピッチジャークで誘うと一発でフックアップしました

ジギングでカツオ初キャッチ

キハダジギング初挑戦の友人S氏もこのラッシュでカツオをキャッチ

S氏がこの1匹までに3回バラしたのはここだけの話です(笑)



2WaySpiky強し

朝イチのカツオラッシュが一段落し、潮止まり前の淀みが出たタイミング

前回同様にスライドフォールを意識して、ラインスラックを送り込むと…

ラインがピタッと止まり、引ったくるようにバイト

素直な個体で暴れる隙を与えず、一気にランディングできました

サイズは7kgでした

ヒットジグは2WaySpikyLong255gS/SH
昨年、27.6kgを釣ったのもこのカラーです^^

初挑戦の友人もついに…

潮代わり後は一気に流れがたるんでしまい、反応が散ってしまいました

途中、根回りも探りましたが魚探反応とは裏腹に反応なし

朝のポイントに戻すと…

また良い群れに当たり船中で連続ヒット

初挑戦で8kgキャッチ

このタイミングにうまく乗ることができ、S氏も人生初キハダを見事にキャッチ

S氏はスピニングタックルでリズミカルな上げのパターンでヒットさせました

餌に合わせてカラー変更

この日お隣でキメジを連発していた方から…
『腹の中の餌がジャミ』
という情報を教えてもらい、2WaySpikyのカラーをS/SH→HB-04Gに変更しました

ゼブラグローカラーの明滅効果は“小魚の群れを模す”とよく言われています

これが奏を功し、なんと変更して一投目でヒット

こちらもロングスライドフォールを入れた瞬間に引ったくるようなバイトで、教科書通りに喰わせることができました

狙い通りにヒット

サイズの割に激しく暴れる個体で、船際はとくに船影に何度も突っ込み、ペラに何度か巻かれそうになりましたが、上手くやり取りしてキャッチできました

2WaySpiky255ghb-04G

アシストフックは自作です
使用フックはVANFOOK(ヴァンフック) ジゲングリッピー JH-405/0 シルバー
市販品なら…ヴァンフック(Vanfook) GS-70 ジゲングリッピー 4ブレイズアシスト 5/0 シルバー

このフックは魚の大小問わず正確に閂(かんぬき)を貫くので、キャッチ率が非常に高いです

↓↓グリッピーによる自作アシストフックの過去記事はこちら



帰港

この日は全体で釣れており、ゼロ無し釣果でした

大型は出ませんでしたが、終始キメジとカツオから反応があり賑わいながらの釣りでした^^

筆者釣果は…
キメジ…2匹(9.2kg、7kg)
カツオ…2匹
サバ…多数(笑)

初挑戦のS氏
キメジ…1匹(8kg)
カツオ…2匹

ーと、ご満悦でした^^

持ち込んだタックル

■スロージギング■
ロッド:《ひしも》ソルダムゴーストSOMG604
リール:《シマノ》03オシアジガーNR2000
ライン:《ダイワ》UVFソルティガ DURASENSOR8ブレイド+Si3号400m
リーダー:《XBRAID》レッドオーシャンV6 船ハリス16号

■スピニング①■
ロッド:《天龍》ジグザムドラッグフォースJDF621S-3
リール:《シマノ》15ツインパワーSW8000HG
ライン:《XBRAID》スーパージグマンX8 3号300m
リーダー:《サンライン》トルネード船ハリス14号

■スピニング②■
ロッド:《天龍》ジグザムドラッグフォースJDF621S-4
リール:《シマノ》21ツインパワーSW8000HG
ライン:《XBRAID》スーパージグマンX8 4号300m
リーダー:《XBRAID》レッドオーシャンV6 船ハリス16号

↓↓↓筆者タックル詳細ページ↓↓↓

筆者タックル一覧・インプレ・感想
※機種名をクリックすると詳細リンクページに飛びます オフショアキャスティングロッド ・オシアプラッガー フルスロットルS82MH ・オシアプラッガー フルスロットルS77M ・グラップラーS68L ・ソルティース...

ジグセッティング


ジグ:《tamaTV》2wayspikyロング255g
スイベル:《NTスイベル》2リングBBパワー#4
スプリットリング:《オーナーばり》スプリットリングハイパー#7
フック:《ヴァンフック》JH-40ジゲングリッピー#5/0
コード:《XBRAID》アルゴンアシストWX PETin30号
リング:《土肥富》WAO Mサイズ

筆者はスイベルを用いたセッティングが主体です

この日は上潮が動いていませんでしたが、中層・底層で違方向に流れていました
水深120m付近でも、着底までにラインが150m以上必要でした(サミングしながらでも)

ヒットパターン

この日の指示ダナは大きく2通り
◎70-100m
◎80-110m

・上潮は緩く~60m付近
・中潮は方向が変わり60~90m前後
・底潮は方向も変化し、落ちも遅くなり90m~

といった感触でした

レンジは同じでも餌にはなっていない鯖の存在

カツオがヒットするのは、90mよりも浅いタナをスピーディーに探ると触りが非常に多かったです
キメジが居るタナは90m以深ですが、場所によってはサバが邪魔してくること多数

この釣りの難しいところは…
”触りを求めるとどうしても数の多いカツオ・キメジに合わせた釣り”になってしまうという点です

ご存知の通り、大きいサイズのキハダはその一段下に位置して数も少ないです
キハダを狙うのであれば触りの少なさを我慢しながら、下のタナをキハダ向けのアクションで誘うことが重要です

当日の海況

黒潮の影響で水温が上昇し、群れの活性が上がりました

活性の上がった時合いも、タイドに素直な印象でした

そろそろビンチョウマグロの群れも、黒潮に乗って北上して来てもらいたいですね^^



コメント

タイトルとURLをコピーしました