【悩んでいる人に見て欲しい】アシストフックは色々試そう!方向性&考え方を整理する

【釣り×タックル】

釣具店の店員時代からの質問数ランキングトップに入る議題

『アシストフックって違いあるの?』

かなりマニアックなネタなので、理解してもらうための説明も難しいです(汗)

気にしないで釣りをしている方も多いですけどね

餌釣りにおける針の重要性と同じくらい、ジギングにおいても重要な存在だと筆者は考えています

『これが一番だからコレを使え』

ーという気はさらさら無いので、十人十色でお好きなフックを選ぶための指標を解説したいと思います



漫然と使っていませんか?

とりあえず釣れてるし、まいいか…?

一番多いパターンですね

『最初、釣具店の店員に薦められて変えていない』
『なんかバレるけど、食いが悪いのかな』
『とりあえず釣れてるし、これでいいや』

餌釣りの世界では”針を気にしない”とかあり得ない話なんですが、ジギングだと横行している状態です(汗)

“魚との唯一の接点が針”という点は餌釣りと変わりません

針の効能を理解することで、釣果は必ず上がりますので意識を針にも向けたいです

まずは市販品からスタート

出来ればオフショアをやっているスタッフさんがベスト

餌釣りも皆さん市販品仕掛けからスタートする点はジギングにおいても同じです

・店員に薦められたもの
・船宿で紹介していたもの
・ネットで見たもの

などなど

これらを使いある程度“行けば釣れるレベル”くらいになって来たら土台づくりは完了です

次のステップに進みます



小さな変化を見つける

コードも針も違うのでフィーリングは別物

難易度が少し上がりますが“行けば釣れるレベル”まで上達しているアングラーなら、間違いなく感じ取ることができますのでご安心ください

【変化の一例】
・いつも針掛かりする場所がバラバラ
・いつもはバラさないけど、今日はよくバレた
・いつもは簡単にフックアップするけど、今日は掛かりが悪い
・ジグを替えるとフックがジグに挟まってしまう
・同じようにシャクっているのにラインに絡む

こういう変化に気付けたら、違う製品を試してみましょう

そしてフックを変えたことによって、どのように変化するをつぶさに観察します

釣れている時に試す

入れ喰いは楽しいけど…

一番勇気が必要なタイミングかもしれません

『フックを替えてる間に釣れなくなるかも』
『釣れてるんだから、今のうちに少しでも釣りたい』

などなど思う方が大半だと思います

ですが”フックの善し悪し”を判断するには、最高のタイミングでもあります

とくに針において重要に“フッキング性能”の差を感じることができるので、貴重な時間です

・フックの掛かる位置
・フッキングの貫通力
・ファイト中のバレにくさ

など入れ食いのタイミングならいくらでも、変化を観察することが出来ます

わちゃわちゃ釣れる時こそテスト!

たとえその時は釣れなくても、そこから得られた経験でそれ以降の釣りで沢山釣れる可能性が広がります

釣れている時こそ、試したいフックを用意して釣りをしてみてください^^

何かしらの変化を感じることが出来るはずです

自分の釣りのスタイルでより釣れるフックの選択肢を絞っていけば…自ずと理想のフック増が見えてきます

筆者
筆者

なお武者修行のような渋い状況でのフックテストは効果が薄いのでやめましょうw



昔話

最盛期はバイトの仕方でフックがどこに掛かっているか当てられました

10年くらい前ですが、エリアトラウトの大会に積極的に出ていました

毎週のように釣り場に通って、沢山トラウトを釣っていました

ここで釣りにおけるフックの重要性を経験しました

・フックの形状でフッキングのタイミングが変化したり
・線形を変えることで、アタリの強弱が変わったり
・タックルの特性でフッキングの仕方が変わったり

中でも狂気じみていたテストが…

東山湖FAでよく練習・テストしていました

・タックル3セット(ライン3種類)
・スプーン1種類1ウエイトのみ
・変えられるのはフックだけ

なんてやっていましたね(笑)
これでも一日50匹以上釣れたので、十分に成果が出ていました

等など…とにかく色々体感できました

なにせ魚が目の前に沢山あるので、変化を経験するにはもってこいの環境です

この経験が今のオフショアジギングにおいても、活きていると感じています^^

市販品か自作か

筆者自作フック

行き着く問題がこれです

・市販品
・自作

これも一長一短ありますし、アングラーによっても感じ方が変わるので答えも変わります

相模湾・東京湾の青物ならこのセッティング

ただ筆者としては以前にご紹介したフック遍歴でも書いたように“市販品の限界を感じた”ため、自作アシストフックへ行き着きました

もちろん市販品がご自身のタックルや使い方にぴったりという方もいらっしゃるので、とにかく色々試してもらうことが最善です

まとめ

いかがだったでしょうか

何か方向性みたいなものが見えたなら、この記事を書いて幸いです^^

釣りに飽きてきた方もフックテストなら、お金もあまり掛からないで変化を楽しめるのでオススメの遊び方です

アシストフックの質問はまだまだ多いので、また何かブログを書く予定です

最後までご覧いただきありがとうございました



コメント

タイトルとURLをコピーしました