【大事なのは●●】知らないと損するトンジギにおいてのライン角度の罠(筆者自論)

【ルアーマグロ】

年も明けすっかり冬の風物詩的な存在になったビンチョウマグロ

初心者でも釣りやすいマグロ族ともあって、年々人気がうなぎ登りになっています

人気が集まることで、様々な情報がネット上に飛び交うようになりました

人気に肖ったアフィエイターの記事もあって、内容のいい加減な内容のものもチラホラ…

ーと、今回はそのネット情報について、ちょっと辛口に解説していきたいと思います

アウトドア&フィッシング ナチュラム



巷の計算式

トンジギが語られる上で釣り方のキモとなる部分がライン角度です

そのライン角度の算出方法は三角形の定理でわかります

30°=2:1:√3
45°=√2:1:1

水深100mの場合、上記のライン角度において出ているラインの長さが算出できます

30°=約115m
45°=約140m
60°=200m

おー、なんかもっともらしくて釣れる気になってきます

これなら出ているラインの長さを見れば、タナボケしませんね

でもこれって…大事な部分が抜けていますよね

ちなみに筆者の算数能力に期待しないでください(笑)

何か忘れていませんか?

当ブログでも口を酸っぱくして発言しておりますが…

『水中の潮の流れ』

ラインがいつでもどこでも真っ直ぐになるーというのは釣り人側の勝手な解釈です

ーというか、ラインの角度は船も波も動いているので…正確に分かる筈がないです(汗)

水中の潮目の把握には”フォール時にラインが水深〇mで変化したか”も重要な情報となるので、フォール時もしっかりラインの動きを注視しましょう

水圧の罠

水中の潮の変化に気付けないアングラーが多い原因は…

“水圧”

です

放出ライン100m以上、PE3~5号、マグロ族が釣れる海域は2枚潮・3枚潮が多く、ラインに掛かる水圧は相当なものです

この大きな水圧こそが“動かしている感”に繋がり、ジグが動いていないのに「シャクれている」と錯覚させてしまいます

糸フケが大量に出た状態でいきなりシャクリだしても、弛んだラインを引っ張っているのでジグはほとんど動いていません

注意深くシャクることで、ジグからの情報を汲み取ることが出来ます



糸フケの取り方

重いジグを使っても、フォール中のサミングを強めても…糸フケは発生してしまいます

まずアングラーが現場でやらなければいけないことが…

“潮を測る”ことです

筆者は一投目や流し直し時にはワンピッチジャークで全層を通して、潮の加減をサーチしています

赤線の潮の弛みはイメージです

一例)
仮に指示ダナ80〜110mの釣り場で、釣りを開始したとします

とりあえず水深+10mのライン放出量でクラッチを入れて、リールを巻きます

この時にジグの重さが伝わるまで、シャクリってはいけません

仮にジグの重み※1を感じるまでに20mが必要だったーとすると…
ジグの位置は”120m−20m=100m
※1重みを感じたということは、ジグとラインが直線に近い状態になったということです

ライン放出は120mだったが、ジグがあったのは水深約100m付近だったので、タナの下側まで探れていないことが判明します

それを逆算すると…
さらに+10〜20mはラインを放出しないと、角度30°指示ダナ110mから探れないことになります

※あくまで角度がついていない状況を想定して解説しております
※ラインの角度はこのジグの重みを感じてからのものを基準にする必要があります

なるべく分かり易く順序立てているつもりですが、なんとなく話は掴めましたでしょうか?

計算がややこしい

このことを踏まえて、ライン角度に話を戻します

・ライン角度が30°の状況
・指示タナが100m

-と言われた場合に出されているラインは、計算上2:√3なので約115mとなります

そして海流の影響でラインの弛みが発生するので、ライン放出は水深+30〜40m

逆算すると、ライン角度30°の状況で正確にタナを通す場合は…

必要なライン放出は水深+50m前後必要となります
(水深+15mと弛み分30~40mで)

額面通りの潮の弛みを無視してライン放出をしていると、指示ダナの上層しか探れなくなってしまいます

…とこんなこと考えながら、初心者が釣りをするのは厳しいものがあります(笑)

ちなみにマグロ族のジギングはリーダーも長い(5〜10m)ので、さらに計算とイメージが面倒になります



ジグアクションの限界

上げ・下げどちらも支配下におきたいです

筆者の体幹なので参考までにしておいてください

今までの経験でライン角度45°の状況は、ほとんどジグのコントロールは出来ないと考えています

ラインにドラッグが掛かった状態で、ジグが常に横に引っ張られているのでロッドアクションをしたところで『飛ばす・落とす』といったコントロールが出来ません

釣れるかもしれませんが、自分で”喰わせてやった感”が薄まります(笑)

ジギンガ―なら”喰わせてやった感”は大事ですよね^^

・ジグのコントロール
・魚の習性・特徴

このバランスが取れているのは30°~35°くらいだと感じています

ちなみに外房の浅場のジギングはこの限りではないのでご了承ください

精度を上げて釣果UP

どうでしょうか?
実際に発生する事象を考慮しての、計算方法ではないでしょうか

「こんなややこしいことしなくても釣れた」

-という声もあると思いますが、この釣りはマグロ族の回遊レンジでいかにして遭遇率を高めるか?がキモとなるので、レンジを正確に広く探れることはそのまま釣果に直結します

自分だけ釣れない場合はほとんどタナボケが原因なので、ご紹介した内容をぜひ参考にしてみてください

ちなみに上潮と底潮の方向も違うこともあるので、今回ご紹介したやり方の精度はまだ甘いです。二枚潮よりも三枚潮はさらに…(笑)

まとめ

ーと、散々ネット上の情報にダメだしするカタチとなりましたが…

今回記載した内容はその方たちも“十分理解した上で、簡素な情報を掲載している”という点は筆者も承知しています

わかり易く・簡単にイメージできる情報の方が、初心者はわかり易いので釣りにも集中できますからね^^

筆者としては、そういう方たちが載せきれなかった情報を今回は記事化してみました

巷の計算方法とこの考え方で、ビンチョウが沢山釣れてくれることを願っています^^



コメント

タイトルとURLをコピーしました