【自分事】“中堅機種限定”筆者スロージギングロッドに悩む…

【釣り×タックル】

リールも手に入れたことで勢い付いてきたスロージギングデビュー

この釣りで一番の悩みどころとなる“ロッド選び”となりました

正直、スピニングでもキャスティングでもリールはほぼ二択(S社かD社)なので、悩みようがないんです

反対にロッドは何社から様々なコンセプトでリリースされているので、自分の好み都合に合うものを見つける事が大変です

今までもそうでしたが、モノを買うまでに様々な視点から購入を決断するので…時間をかけて悩むタイプです(笑)

筆者の戯れ言も皆さんの買い物の参考にしていただければと思います

アウトドア&フィッシング ナチュラム



ロッド選定基準

購入にあたり条件を設定

・価格は中価格帯とする
→出番が少ないので、高価格帯は却下

・ビンチョウ&キハダ対応
→ビンチョウのドテラ、キハダのバーチカル

・筆者は手が小さい
→正確には指が短い

・アフター対応面
→店舗数の多い量販店が窓口のメーカー
→大手は修理期間も短い傾向

ビンチョウ

・南伊豆でのドテラ流し
・水深は90~140m
・ジグ250~350g
・PE3号

伊豆南沖のビンチョウ先駆者アングラー諸兄から『いまは6ft以下でジグを動かせるロッドも良い』とのアドバイスを受けました

キハダ

・御蔵島〜伊豆南沖
・バーチカル
・水深70~140m
・ジグ200~300g
・PE3号

スピニングで事は足りていますが、フォール有利時に積極的に導入

求められるスペック

・長さは6.6ft以下
・番手は#4でPE3号対応
・マグロ族対応の為、ドラグ値の高いもの

先の選定基準+必要スペックを鑑みて候補を選出しました



候補4選

上記の条件を満たしたものをピックアップ

《ダイワ》キャタリナSJ 63B-4
《シマノ》ゲームTypeSJ B66-4
《天龍》ホライゾンMJ HMJ5101B-MHorH
《テイルウォーク》スローバンプSSD634/FSL

この4機種まで絞れました

スペック一覧

メーカー 製品名 全長 自重 先径/元径 ライン
ダイワ キャタリナSJ 60B-4 1.83 115 2.1/8.9 1~3
ダイワ ブラストSJ 63B-4 1.91 120 2.1/9..9 1~3
シマノ ゲームtypeSJ B66-4 1.98 139 2.0 MAX3
テイルウォーク スローバンプSSD 634/FSL 1.91 144
天龍 ホライゾンMJ HMJ5101B-MH 1.78 126 2.5 MAX3
天龍 ホライゾンMJ HMJ5102B-H 1.78 131 2.7 MAX3

大方は予想通りの下馬評になりました

価格帯・性能面からみてもこれらに落ち着きます

製品名 ジグ ドラグ 定価
キャタリナSJ 60B-4 200~330 34,500
ブラストSJ 63B-4 200~330 28,000
ゲームtypeSJ B66-4 MAX330 6kg/45° 39,000
スローバンプSSD 634/FSL MAX380 MAX6.5 30,000
ホライゾンMJ HMJ5101B-MH High120-200 Slow180-400 5kg 36,500
ホライゾンMJ HMJ5102B-H High150-250 Slow200-450 5kg 37,000

扱えるジグやライン強力もほぼ横ばい

価格も似通っているので、あとはアングラーの好みになりますね



各特徴一覧

それぞれ似たようなスペックですが、特徴を列挙してみました

〇〇工法みたいな解説はメーカーHPをご覧ください

キャタリナSJ 60B-4


〇軽い
○低いリールシート
✕強度不安
✕パワー不安

見た目や握り易さを考えると一番の候補

D社のオフショアSWロッドの味付けは歴代微妙なものが多いので、どこまで期待して良いのやら!?
※ハイエンド機種なのにマイルド方向なものが多い。バスロッドや船竿は尖ったものがあるのですが…(筆者の主観です)

南伊豆ビンチョウの先駆者アングラー諸兄からは『ソルティガSJ#4と#5は良い』と聞いているので、キャタリナも同じであって欲しいところです

高弾性のHVFブランクスですが、反発力自体は粘りの方向性が強い印象

キャタリナ SJ 60B-4 ダイワ 大型便 2020年新製品 [2109ss]

ゲームtypeSJ B66-4

メーカーサイトより

○一番高弾性
○ハイピッチにも
✕太いリールシート
✕ガイド飛び

ビンチョウジギングで一役スロージギングのイメージが定着した“ジガーインフィニティ”シリーズ

その血統を受け継ぐ廉価モデルのゲームTypeSJも非常に人気です

硬派な高反発ロッドでキレのあるアクションを求めるならコレと思います

ーが、インフィニティシリーズの“ガイド飛び”の話もちらほら聞くので、どうなのか?ーと言ったところです
※おそらくCI4製のXガイドの巻きつけ強度の問題と思われます
※D社のAGSも通常の金属ガイドよりも巻き付けを強固にしているので、樹脂ガイドの特性ですね

スローバンプSSD634/FSL


○フルソリッド
○高いドラグ値
✕スパイラルガイド
✕極小リアグリップ

今秋発売の新製品
密かに流行しだしたフルソリッドブランクスを採用し、ビンチョウ向けに振ってきました(チューブラーモデルも併売)

スパイラルガイドの効果は分かるんですが、見た目が大変よろしくなく、単純に自分の好みではないです

普通のガイドセッティングでリアグリップもSSDと同じだったら、即決なのですが…

テイルウォーク(tail walk) スローバンプ SSD 634/FSL(ベイト・2ピース) 16319 【個別送料品】 大型便

ホライゾンMJ HMJ5101B-MHorH


○C.N.Tブランクス
○大きいガイド径
○低いリールシート
✕スローではない
✕評判を聞かない

スピニングでお世話になっている天龍
C.N.Tブランクスの粘りとトルクは信頼しているところです
(ドラッグフォース本当に最高です)

他メーカーと違い径の大きいガイドを採用し、太いラインの扱いやすさを確保しています

ハイピッチまで対応している良いトコ取りのロッドなのですが、スピニングと出番が被り出しどころか曖昧になってしまう懸念が…

視覚的にリアグリップデザインが微妙かな…

ホライゾンMJ HMJ5101B-H 天龍 (ベイトロッド)
【大型商品(220サイズ)】【天龍】2021ホライゾンMJHMJ5101B-MH【4533933022031】

筆者の好み

・見た目はキャタリナSJ
・性能はホライゾンMJ
・気になるのはスローバンプSSD

現状、ゲームTypeSJは脱落
上記、3候補でベターを選ぶだけです

まとめ

自分の考えをまとめる意味でブログを書くのは便利です

文章にまとめようとすることで、自分の考えが整理できるのですっきり分かります

どのロッドを選んだかはまたブログで紹介したいと思います^^



コメント

タイトルとURLをコピーしました