【良型乱舞中】伊豆南沖カツオジギングゲームに行ってきましたin手石港

【ルアーマグロ】

釣り仲間から連絡が入り、急きょ釣りに行くことになりました

ターゲットはキハダ・カツオ
本命は居残り組のキハダです

なかなか予約の取れない船宿が空いているーということで、めったに無いチャンスなのでこの話に乗りました^^

アウトドア&フィッシング ナチュラム



利用した船宿

今回初めて利用しました

南伊豆は手石港“くらはし丸”さんにお世話になりました

近年、人気の船宿さんで予約が取りにくいことでも知られています

換気を良くしたうえで、キャビン利用しました

日本全国どこでも“釣らせる船”の競争率は仕方がありませんね^^

朝から高活性

6時過ぎにポイントに到着

中層に反応が多いので、ジギングでスタートするように船長からアナウンスがありました

朝も内は波は穏やか

・ポイントの水深は200m超え
・反応は60m付近
・指示ダナは40~80m

この3本で潮況は絞れました

まずは200g前後のジグで始めることにー
一流し目で流れ方を把握し、ジグの選定に目方もつきました

案の定、二流し目にカツオをヒット

しかし想像以上に良型で引きも強く、なんとダッシュに耐え切れずPE本線がラインブレイク…
今年春からずっと使い続けていたラインの限界でした…

ジガロで連発

同時ヒット連発

気を取り直しリーダーを組み直し、釣りを再開

ジグはアングラーズリパブリック パームス ジガロJR-200 200g H-04(ピンク) JR-200/H-04

状況にマッチしているため、一投目からヒットを得られました

迷ったら対応力のあるジガロ

先ほど同様にトルクのある個体、オマツリを回避しつつ揚がってきたのは4kg超えの良型カツオでした

船中ある程度釣れ、潮の流れ方も変わったためポイントを移動



ポイント移動

フッキングとほぼ同時に喰われました…

水深や指示タナは変わらないものの、潮流れが強くなりました

早々にヒットを得られましたが、フッキング直後に鮫に食われてしまいました…

そしてジガロ200gのままではドリフト状態になるので、潮を切れる2WaySpikyロング195gに変更

この判断が奏功し、再びカツオからヒットが連発しました

上げでも下げでも万遍なくバイトとヒットがあり、条件にジグが合っていることが分かります

釣り方

イージーペブルでも釣りました

ちなみに今回の“くらはし丸”さんはドテラ流しの釣りが主体でした

キャスティングする人はミヨシ限定となります

必然的に斜めのジギングになるので、それに対応しているジグの有効度が高くなります

近海ジギングは#8000PE3号がベーシック

状況次第ですが、今回は”スピニング+200g”で対応可能でしたが…

タックルや潮況次第では250~300gのウエイトも必要になるので、準備はぬかりなく

魚上向く

釣友2名は朝からキャスティングにこだわる

陽の上昇とともにカツオの目線が上向き、誘い出しへの反応が好転しました

ジグで一通り釣ったので、誘い出しへシフト

トップにカツオは出ますが、難易度は高いゲームでした

ほぼPixy160で通しました

ドテラで流している間に魚の居るスポットへルアーを投げ込み誘い出します

投げるタイミングやスポットが違うとヒットが出ない為、スポットを精査する“目”が必要です

この日は投げてすぐに出るわけではなく、ルアーをある程度魅せて出るパターンでした

一瞬沸いたハミに入れてやっと一本

終了までに10回以上、カツオのバイトを得られましたがキャッチ出来たのは一本のみ…

船べりでバラしてしまったものも一本ありました

トップに出してもフックアップに課題が残りました



納竿時間

2WaySpikyロングは斜めにも強い

予報通り南西の風が強まりましたが、ラストまでトップへの反応・ジギングへの反応も無くならず、カツオが一日楽しませてくれました

私も最後の流しにジギングでカツオを追加して終了しました

帰港

弓ヶ浜の景観がきれいです

船の共同クーラーから魚を取り出し記念撮影

並べるにも一苦労

6人で相当数のカツオが釣れました

残念ながら、キメジ・キハダは一匹も混じりませんでした…

船長曰く

『カツオを何百匹か釣れたら、その中にキメジ一匹は釣れる』

ーというくらい、カツオの魚影が濃かったです

ですがカツオが居るということは条件次第でキメジ・キハダが釣れる可能性も考えられますね


私とS氏の釣果

■筆者の釣果■
カツオ…7匹
■釣友S氏■
カツオ…6匹
■釣友A氏■
カツオ…0匹

A氏はジギングでもキャスティングでもヒットはかなりあったのですが、残念ながら船に入るものはありませんでした

最大5kg最小3kgの粒ぞろい

カツオは強烈な引きの魚ですが、口が非常に弱い魚なのでバラしやすいターゲットです

オフショアを初めてまだ一年足らずなので、これを良い経験にどんどん伸びて行って欲しいものです^^



使用タックル

いつもの4セット

■~200gジグ用■
ロッド:《天龍》ジグザムドラッグフォースJDF621S-3
リール:《シマノ》15ツインパワーSW8000HG
ライン:《XBRAID》スーパージグマンX8 3号300m
リーダー:《サンライン》トルネード船ハリス14号

■200g~ジグ用■
ロッド:《天龍》ジグザムドラッグフォースJDF621S-4
リール:《シマノ》21ツインパワーSW8000HG
ライン:《XBRAID》スーパージグマンX8 4号300m
リーダー:《サンライン》トルネード船ハリス14号

■Pixy160用■
ロッド:《シマノ》オシアプラッガーフルスロットルS82MH
リール:《シマノ》15ツインパワーSW14000XG
ライン:《シマノ》オシア8 LD-A71S(SWネイビー) 5号300m
リーダー:《XBRAID》キャストマンアブソーバー100lb

■バブルディップ180F用■
ロッド:《シマノ》オシアプラッガー フルスロットロルS77M
リール:《シマノ》15ツインパワーSW8000HG
ライン:《シマノ》オシア8 LD-A71S(5カラー) 4号300m
リーダー:《XBRAID》キャストマンアブソーバー80lb

↓↓↓筆者タックル詳細ページ↓↓↓

筆者タックル一覧・インプレ・感想
※機種名をクリックすると詳細リンクページに飛びます オフショアキャスティングロッド ・オシアプラッガー フルスロットルS82MH ・オシアプラッガー フルスロットルS77M ・グラップラーS68L ・ソルティース...

使用ルアー

《パームス》ジガロ200㌘
《tamaTV》2WaySpikyロング195㌘255㌘
《ブルーニングハーツ》Pixy160

今回は朝の二流しで潮況を読み切れ、ジグの絞り込みがすぐに終わったので展開は楽でした

Pixy160での誘い出しもバイト自体は10発以上は出せていましたが…

キャッチに繋がらないのは、まだまだ修行不足です


ちなみにこの日は朝一のラインブレイク一匹以外、すべてフロントシングルフックで釣りをしました
※フォールバイト多数のため船宿で前後フック推奨でした

筆者
筆者

これについては別のお題で記事にします

まとめ

予約が取れたらまた乗りたい!

船宿ブログでも言っているように、大判カツオの新群れ入荷で活性上昇中となっております

カツオが多すぎてキハダ・キメジが薄い状況ですが、条件次第で釣れる可能性は非常に高いです

夏が終わらないアングラーはぜひ南伊豆まで足を運んでみてはいかがでしょうか^^?



コメント

タイトルとURLをコピーしました