【良型連発】秋の東京湾青物ジギングに行ってきました〜2021シーズンは良型揃い

【ルアー青物】

今回は釣友と一緒に秋の青物を狙いに行ってきました

連日、各船宿の釣果情報も賑わいを魅せていて期待が膨らみます

サワラに湧いている東京湾ですが、今回の我々のターゲットは“東京湾ブリ”です



船宿は

新山下からすぐの船宿

新山下にある渡辺釣船店さんにお世話になりました

アクセスもよく、施設もきれいで人気の船宿さんです

この日も早朝から多くの釣り人で賑わっていました

当日の戦略

出船するや船長からのアナウンスで…

『浅場のサワラがイマイチなので、前半はワラサを狙います』
『サワラは深場のポイントで探ってみます』

前半は前日に小ブリ〜ワラサがヒットしたエリアからスタートすることになりました

良型ワラサ

この日は秋晴れで熱かったです

ポイントの水深は30m前後
『反応がバラけているので、広く探って』
ーと、船長の的確な指示が光ります

外房のように“キャスト〜斜め引き”で探ります

早々にミヨシの方にヒット

しぶといファイトの末、揚がってきたのは丸々とした4.3kgほどのワラサでした



深場へ

魚探には映るものの反応が得られないため、ポイントを大きく移動しました

水深は70m前後
この時期でも深場をやる場合は150g~200gまで持ち込んでおくと安心ですね
(この日は秋の浅場メインを想定して、重めのジグを持ち込んでおらず反省です)

なんとここでジギング歴一年生の釣友S氏にヒット

タックルに対して軽めのジグを使っていたので、重めに変えるようアドバイスした直後のヒットでした
※この日も上潮だけが動いており、軽いジグではラインが湾曲してしまうので、ラインを張れる重いジグを薦めました

良型ワラサキャッチ

ヒットルアーはアングラーズリパブリック パームス ジガロJR-180 180g H-616(スケールフルシルバー) JR-180/H-616でした
※S氏はPE3号タックルの為180㌘を使用。PE2号なら150㌘がこの水深では丁度よかったです

その後もポツポツと船中でヒットはあるものの、分け前が行き渡らず私と釣友F氏にはノーバイト…

大型現る

潮が動き始めた段階でポイントを最初のエリア付近に戻しました

反応もバッチリで流し方も潮上のタイミングだったので、集中していると…

隣の方にビッグヒット
大きな首振りとダッシュでなかなか揚がってきません

※船宿HPより

船長の的確なアドバイスとフォローで揚がってきたのは、この日一番となる7.2kgのブリでした

これがあるから東京湾の青物ジギングは辞められませんね^^



完敗

歯形だけで終了…

最後まで諦めずに挑戦しましたが、今回はノーフィッシュにて終了しました

ラスト10分に待望のバイトを得るも、ジグに歯キズだけが刻まれるだけでフックアップには至りませんでした…

ロッドもぐいぐいと絞り込まれましたが、ジグだけを咥えて首振りをしていたようです…

※船宿HPより

S氏は終盤にサワラも一尾追加し、有終の美を飾りました

タックル

PE2号~150㌘メイン

ロッド:《ダイワ》キャタリナJ62MS
リール:《ダイワ》16キャタリナ4000H
ライン:《XBRAID》スーパージグマンX8 2号300m
リーダー:《呉羽》シーガー船ハリス8~10号

PE3号150㌘~メイン

ロッド:《天龍》ジグザムドラッグフォースJDF621S-3
リール:《シマノ》15ツインパワーSW8000HG
ライン:《XBRAID》スーパージグマンX8 3号300m
リーダー:《サンライン》トルネード船ハリス12号

↓↓↓筆者タックル詳細ページ↓↓↓

筆者タックル一覧・インプレ・感想
※機種名をクリックすると詳細リンクページに飛びます オフショアキャスティングロッド ・オシアプラッガー フルスロットルS82MH ・オシアプラッガー フルスロットルS77M ・グラップラーS68L ・ソルティース...

まとめ

※船宿HPより

船中バイトが遠い中でも釣る人は、4キャッチと驚異的な釣果でした
釣り座が遠かったので、お話は出来ませんでしたが釣り方を観察しながら色々と勉強になりました

数はそれほど出る状況ではありませんが、ヒットするとほぼ4~5kg級
しかもそれに~8kgサイズまで混じっている状況です

今シーズンの青物ジギングは粒揃いのサイズを狙って楽しめそうです^^

↓↓↓ルアー青物の過去記事はメニューバーのカテゴリーまたはこちらからどうぞ↓↓↓

【ルアー青物】
関東エリアの青物ジギングが中心です。近場の東京湾・相模湾が多いですが外房エリアも大好きです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました