【要調整!】ウッドプラグの“ウエイトセッティング”昔懐かしのPixy160をウエイト調整

【釣り×タックル】

古いプラグですが…
今シーズン各セッティングを見直したことで、ヒット&バイトを多数出すことが出来、自身の中での株が急上昇の《シーファルコン》Pixy160

ハイブリッド構造で、好みのプラグが無く…たまたま中古で見つけたのでリアクションバイトしてしまいました

ウレタン塗装もきれいに仕上がったので、今度はセッティングが重要になってきます

ウッドの弱点

本来はこの組み合わせで60㌘でなければ…

均一ウエイトにはならない
同じ素材でもその木の状態で変化します
また素材の部位によっても重さが微妙に変わります

メーカーさんも個体毎にウエイト調整はしていますが、±数グラムの差が出ます

やはり最後の調整は、アングラーの好みに合わせてフィッティング作業が必要です

多少、外殻が欠けても浸水しません

Pixy160はハイブリッド構造となっており、中心部がウッドで、その外周部を発泡ウレタンで固めたものです

ウッドに近い浮力を確保しつつ、発泡ウレタンでボディ強度を確保した製法です

主なメーカーですと、シーファルコン社やtamaTV社、D-Craw社が採用しています

推奨セッティング

#1/0はボディサイズに対し少し小さい!?

Pixy160の推奨フックはST-66#1/0

ーなのですが、3年間ほどこの仕様で使ってはみましたが…

・浮力が高すぎる
・ミスアクションが頻発
・リーダーに高確率で絡む

私の使い方では不具合が酷く、まともに使うことも出来ず、魚のキャッチはほど遠いものでした



大幅変更

組み合わせと総重量が大事

・タックル…PE4号80lb→PE5号100lb
・スイベル…2BBリングパワーの#3→#4
・フック…ST-66#1/0→Raptor-Z#2/0

この仕様変更でかなり使いやすくなり、自分でも驚きました

Raptor-Zの#1/0と#2/0

ミスアクションもなく、ショートジャークにも機敏に反応して動くようになりました

浮力も十分でアクション後すぐにステイ姿勢を取り、ゆらゆらと動きます

キハダも何度か出しましたがキャッチはキメジくん

リーダーへの絡みも激減して、釣れる状態になったことでバイト数が増えました
とくにトビウオ・イカパターンでのバイト数が非常に多いです

メーカー推奨セッティングから見直すことの重要性を実感しました

まずは体重測定

左から53㌘、57㌘、59㌘です

実測値をボディに書いておくと便利です
それを目安に±の調整が容易になります

Pixy60三つの中で一番軽いものと重いものでなんと6㌘の差です…(汗

タニタ クッキングスケール キッチン はかり 料理 デジタル 1kg 1g単位 ホワイト KD-187 WH

パーツを加味

接続部、フック、リングの総重量で考えます
※気にするアングラーはリーダー号数や長さも

フックが#1/0の場合

フックが#2/0の場合

実際に使用するときの状態に近づけて重量を合わせます
その時は対象魚に対して、過不足のないパーツ構成で調整します



現場で調整

上:総重量57㌘、フック#1/0 下:総重量57㌘、フック#2/0

最後はやはり現地調整になります
海水での浮力や波に対してのアクションのし易さなどは、陸からでは分からないです

また個体差もあるので、フックセットをイーブン状態での変化も観る必要があります

浮力やミスアクションが気になれば、都度パーツによるウエイト調整で解決です

まとめ

調整作業も楽しいです

アクション面では浮力を活かして、非常に有効なウッドルアーですが…繊細が故に重量調整や使用後のケアを行わないと、性能を発揮できません

手に入れたらいつも以上に気をつけて、管理したいですね^^

 

 

↓↓↓【過去記事】インジェクションプラグもウエイト調整で生まれ変わります

【キハダチューニング】《シマノ》オシア バブルディップ180Fをキハダ誘い出しSPに変える方法
オフショアキャスティングで実績の高いプラグを数多くリリースしているシマノ社ですが、今回ご紹介するバブルディップ180Fものその中の一つです。しかし、コンセプトとしてキハダ・ヒラマサに対応ということで、キハダ専用となってくると使いにくい部分が…。今回はキハダSPにすべく、チューニング方法をご紹介いたします。



コメント

タイトルとURLをコピーしました