【違いを楽しむ】餌針?ジグ針?自作アシストフックの醍醐味“フック選び”

【釣り×タックル】

以前に筆者のアシストフック遍歴をまとめましたが…

お気づきの方もいらしっしゃいましたでしょうか?

ジギング用のフックと餌針を行ったり来たりと、アシストフックを作っていました

先人のオフショアマン諸兄は、ジギングフックが出現する前は餌針をベースに発展をしてきました
現在はオフショアジギングの発展に伴い、ジギング専用のフックが数多く販売されています

今回は餌針とジギング用フックはどのような違いがあるのか?

ーを解説していきたいと思います

アウトドア&フィッシング ナチュラム



友人S氏からの質問

とにかくバラしが多発

前回の伊豆南西沖キハダジギングにて、めでたくキハダ&カツオをジギングで初キャッチした友人S氏ですが…

同時に市販品アシストフックの限界を痛感していました

アクションはハマっていて、ヒット数は多かったのですが…
そのほとんどがファイト中にポロリと外れてしまい、キャッチに至らないことが多発

筆者はバレも少なくフッキングも◎

ロッドはしっかり曲がってファイトをしたので、フックに原因がありそうです

このような経緯もあって、いよいよアシストフックを自作することになりました

ーが、今まで一年以上アシストフックを変えたことがなく『違いが分からない』という自作するにあたってあるまじき自体に…(苦笑)

そもそもナゼ自作?

このセットは微妙でしたw

昨今の市販アシストフックの完成度は目を見張るものが多いですが、宿命的に弱点を背負っています

ズバリ…

『全国販売を見据えたセッティング』

-で販売しているということです

その”地域・釣り方・魚種”に完全に合わせて販売できないジレンマを持っています
細分化したアシストフックは全国的な販売が難しく、妥協点をつけて製作・販売されている背景があります

餌釣りの仕掛け同様に、地域の特徴・釣り方・魚種・サイズに合わせたアシストフックを欲するのは、釣り人として必然の流れと言えます^^



餌針とジグ針の違いは?

アシストフックを自作する場合…

・餌針
・ジグ針

ーが候補に挙がります

筆者があれこれ言うよりも針メーカー様の記事が分かりやすいです

記事内から引用させてもらうと…

餌針…口腔内でのフッキングを前提に設計
ジグ針…口腔外にもフッキングを前提に設計
※詳細はリンク先をご覧ください

餌針の特徴

オフショア黎明期にジギング専用フックが登場するまでは、餌針を用いてアシストフックが作られてきました

当時とくに人気だったものが…

・ソイ針
・アキアジ針

長所:吸い込まれることを優先しているので、軽量なものが多い
弱点:口腔内に入ることが前提なので、ジグの周りに戯れつくような触りは取りにくい

シマノインストラクターの鈴木斉プロは、いまだにタマン針を愛用していることでも知られています^^

筆者も鈴木プロに感化されタマン針を使ってみたところ…

カツオのキャッチ率も上がり、閂貫通も増えました
タマンスペシャル24号のシングルでも~20kgのキハダくらいなら強引なファイトが可能でした

ジグ針

とくにスロージギングの台頭で一気にジグ針が進化したように感じます

ジグにじゃれつくような触りやバイトなどを確実に取るために初期掛かりを重視したものが特徴なものが多い

・パイク
・ジガーライト
・スパーク

長所:初期掛かり良く、口外にスパッと刺さることが多いです
短所:口腔外にフッキングしている可能性もあり、バラしの原因になることも

このデメリットを補うために、ツインフックや前後ツインなどを用いることも…

ジャラジャラとフックが沢山付いている見た目が…正直、苦手です(汗)



筆者の好み

これは本当に主観になりますが…
ジグにフックが沢山付いている見た目が嫌いということで、なるべくフックは一本でやりたい気持ちが大きいです
※タチウオ&シーバスジギングを除く

また口腔外でのフッキングも見た目が好きではないので…
口腔内にフッキングされた状態を望みます

ジグ針で前後ツインでキハダジギングをする場合、フックアップ率は高くなりますが…
横掛かりになり、ファイトが膠着してしまう可能性も高くなります

結果、今までのテストからもソイ針やアキアジ針などのフックが理想に近く、現在多用しています

《ヴァンフック》グリッピーも形状が上記に近く、口腔内にしっかり刺さるので気に入っていることはこれまでに何度も申し上げてきました

余談


※伝統的な形状の伊勢尼バリ形状

釣り針メーカーさんサイドのお話ですが、上記がまかつ社の記事にもありましたが…

『フックデザイン』

という言葉が出てきました

ある一定の理想とするカタチや線形などは決まっていますが…
釣り人心をくすぐる“カッコイイ針”というのも非常に大事です


フックデザインは非常に好みですが…

デザイン→素材の選定→テスト→修正→製品

あっと驚くフックは鋼材の進化やその条件などに合わせて、カッコイイフックを日々メーカー各社が生み出しています^^

まとめ

“餌針・ジグ針”どちらも一長一短で特徴を持っています

常々申し上げていますが、どちらが優れているのではなくアングラーの好みに合わせて道具立てすることが釣果への近道であり楽しみだと考えております

特徴をしっかり把握して理想のフックをぜひ見つけてみてください^^



コメント

タイトルとURLをコピーしました