【垂らしは自在にコントロール】オフショアキャスティングの垂らしの長さについて

【釣り×テクニック】
※Youtubeチャンネル シマノTVより

釣り動画のキャスティングを参考にしてはいけません

いきなり物々しい書き出しで始まりましたが…キャスティングゲームにおいて大事なことなので…

とくに某メーカーなどは、プロ1人で船を貸し切って釣りをしている動画がほとんどです

バックスペースも広く、荷物も少ないので常時自由にキャストしています

普通の乗合船では、まず無いシチュエーションです

乗合船の混雑した状況で、上記のプロのようなキャスティングをすると…トラブルになる危険性が高まります

ネットを探しても“垂らしの長さ”についての情報があまりなかったので、書き残しておこうかと思います

垂らしは場面で変える

※Youtubeチャンネル シマノTVより

大雑把に分けると短・中・長の3種に分類されます
それぞれ使い分けがあリリースタイミングなども

短(#2ガイドくらい)


・精度を出すとき
・バックスペースが取れない
・飛距離はそこまで出ない

中(#4ガイドくらいまで)


・基準となる長さ
・精度そこそこ
・飛距離は普通

長(元ガイド〜リールくらいまで)


・飛距離が出る
・精度は出しきれない
・片舷で投げるような船・海域

投げ方が変わる

垂らしが短くなるほど、リリースタイミング・フォームが狭まります
反対に垂らしが長いと、スイングも大きくなりリリースタイミングも広くなります

”野球のピッチング”や”ボクシングのパンチ”と同じ理屈ですね

合わせて…

・ルアーウエイト
・重心移動機構の有無
・タックル
・ラインの太さ
・リーダーの全長

…など、様々な要素でキャスティング技術が要求されます
オーバーヘッドキャストでも、ロッドの軌道やリリースタイミングなどが異なります

オフショアキャスティングは、意外にも繊細なキャスト技術が必要な釣りです
バスフィッシングのような感覚に非常に近いです

釣果への近道はやはり地道なキャスト練習が一番です
出船前の港や下船後の港で、15分~30分くらい行うだけでも格段に上達します

これから来る”相模湾のキハダゲーム”などは飛距離・精度ともに高次元なキャスティングを要求されるので、今のうちに練習しておくと良いのではないでしょうか^^

これは港内での私のキャスト動画です
垂らしの長さは”中”でのオーバーヘッドキャストです

力まずに投げても真っ直ぐに60~70mほど飛んでいました

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました