スポンサーリンク
【釣り×タックル】

【釣果で差がつく】オフショアキャスティングのフックセッティング“推奨と理想を考える”

プラグに記載されている推奨フックセッティングにはマージンが設けられています。個々の理想に合わせられるように、メーカーさんが意図的に用意している余白部分です。総重量管理+実釣テストで理想のバランスを見つけましょう。
【釣り×タックル】

【特徴を理解】ビギナーにオシアジガー3000番が不要である理由を解説します

お問い合わせや知人·友人からも質問が多いので、オシアジガー2000番と3000番の違いを解説したいと思います。違いを知ることで、番手えらびが明確になります。ぜひ参考にしてみてください。
【ルアーマグロ】

【購入前に見て欲しい】キハダキャスティングに14000PGをおすすめしない理由

相模湾キハダキャスティングでよくある失敗談として“14000PGの購入”があります。初心者はPGのメリットだけに目線が集中してしまい、デメリットへの理解度が足りません。ハイギアが必須な理由を解説します
【ルアーマグロ】

【乗船レポート】御蔵島でキハダキャスティングで良型キャッチ

ジギング祭りが落ち着いた感が出てきた御蔵島キハダですが、この日はトップへの反応がすこぶる良好でした。傾向やヒットルアーなどを解説します。
【ルアーマグロ】

【脱!先入観】今シーズンの御蔵島キハダジギングはスピニング釣法が効く

約二ヶ月間、お手伝い乗船していて気付いたことは“スピニングキハダの釣果が目立つ”ということです。キハダと言えばスロージギングですが、先入観が釣果をダウンさせてしまうかも!?
Uncategorized

【祝200,000PV達成】

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます ちょうど一週間前に記録を達成していました(汗 【PV数の推移】 15ヶ月目で10,000PV ↓ 19ヶ月目で50,000PV ↓ 21ヶ月目で100,000P...
【ルアーマグロ】

【乗船レポート】まだまだ好調続く!!爆釣の御蔵島キハダジギング

爆釣続きの御蔵島キハダジギング。キハダサイズもコンスタントに混じって釣れています。当日の簡単なレポートですので、釣行の参考にしてみてください
【釣り×タックル】

【8000番?14000番?】オフショアキャスティングデビューならどっちが良い?

オフショアキャスティング入門時に迷うことの一つ“リールの番手選び”地域や釣り物、アングラーの体力などでベストな番手は様々です。今回は番手選びの目安を解説します。
【釣り×タックル】

【依存症に注意】便利な摩擦系ノット補助具の罠について解説

以前に比べて摩擦系ノットの道具が数多く販売され、敷居の下がったラインシステム作製。現場で見て感じることは、道具依存のアングラーさんを見かけます。またその完成度が低いことも共通問題です。摩擦系ノットの本質を解説します。
【リールメンテナンス】

【逆に迷ってしまう】情報が多過ぎる“リールの洗い方”を考える

情報過多なリールの洗い方の情報。メーカー発信の情報もありますが、WEBライターさんが発信したものまで…内容がバラバラです。おさえておきたいポイントについて解説します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました