スポンサーリンク
【リールメンテナンス】

酷使された《ダイワ》15ソルティガ4500Hをオーバーホールしてみたその②前編

ダイワの名機15ソルティガオーバーホール2機目。こちらも前回の機種以上にすごかった…。マグシールド搭載によるアングラーの過信が見られ、内部は塩・塩・塩…。酷使されたリールのオーバーホールは詰まるところ塩との闘いです。塩害が集中する部分が分かると思います。
【リールメンテナンス】

酷使された《ダイワ》15ソルティガ4500Hをオーバーホールしてみた。その①

友人の15ソルティガ4500Hが『釣行後から調子が悪い』ということでオーバーホール依頼を受けました。直前に17kgのヒラマサを釣ったそうで…嫌な想像をしつつ分解作業すると予想通り…。初代ソルティガからシンプルな構造なので比較的、作業難易度は低いですが、ダイワ社のリールはパーツが出ない点が痛いです。
【ルアー青物】

【2020年伊豆南沖ジギング】カンパチ・ハガツオで沸くも、本命キハダ不在。

2020年7月上旬。キハダの様子も気にしつつ伊豆南沖釣行へ。下馬評通りキハダの魚影は少なく、青物主体の釣りでした。澄み潮がキツく、終日に渡り魚探に青物反応が映っているもののルアーチェイスは少なく苦戦した一日でした。
【ルアー青物】

【相模湾ライトルアー船】入門者・初心者向け『はじめてのリール選び(ベイトリール編)』

ライトルアー船でのタックル選びで困っていませんか?タックルはバスタックルでも良いと言われているけど、実際はどうなの?ベイトリール選びで悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください!個人的におすすめはシマノ製のベイトリールです!
【ルアー青物】

【相模湾ライトルアー船】入門者・初心者向け『はじめてのリール選び(スピニングリール編)』

ライトルアー船でのタックル選びで困っていませんか?タックルはバスタックルでも良いと言われているけど、実際はどうなの?スピニングリール選びで悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください!
【ルアー青物】

【相模湾ライトルアー船】入門者・初心者向け『初めてのジギングロッド選び』

ライトルアー船でのタックル選びで困っていませんか?タックルはバスタックルでも良いと言われているけど、実際はどうなの?ライトジギングロッド選びで悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください!
【ルアー青物】

【相模湾のライトルアー船】オフショアジギングの原点を語ってみる。

十数年前オフショアデビューになった釣りがこの相模湾のライトルアー船です。ライトなタックル・安価な乗船料・小型回遊魚の力強い引き…。お手軽にオフショアフィッシングに挑戦するのに最適な釣りで、非常に思い入れの強い釣りです。
【ルアーサワラ】

【相模湾サワラ攻略の深堀その①】サワラキャスティングタックル紹介・具体的な商品例

タックル選びに迷う相模湾のサワラキャスティングタックルですが、ここでは汎用性の高いシイラ・カツオタックルを商品例を挙げながら紹介します。その中でもサワラに傾倒し、各商品を選びました。要するに店頭で自分がよく薦めているものですね。予算や使用条件などで多少の差はありますが、まずはタックルをお持ちでない方に向けてとなります。
【ルアーサワラ】

【相模湾サワラキャスティング】小さな積み重ねが重要!釣果を伸ばすアイテム5選

真冬の絶品”寒サワラ”食べれば食べるほどに、もっと釣りたくなりますよね。今回はサワラキャスティングにおいて、釣果を延ばすアイテム5選をご紹介します。ほんの小さな積み重ねが、サワラを1匹2匹…と釣果を追加することに繋がります!
【ルアーサワラ】

【相模湾サワラキャスティング】真冬のキャスティングゲームを有利にするタックル選びについて

各船宿や釣りのプロ・ブログでの情報など、それぞれ表示されているタックルが違い、なにを選んだら良いか悩んでいる方におすすめの記事です。専用タックルがないサワラキャスティングゲーム。各タックルを理解することで、自身にベストなタックルが見えてきます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました